2020-01

ブック

【書評】世の中の社会情勢を理解するための方法【考える力がつく本】

世の中の社会情勢を理解するための方法です。読んでみると参考になりそうな方は、世の中の社会情勢を理解したいけど、どうしたらいいかわからない方です。政治や経済、社会情勢などのニュースは、読者が専門用語や背景を知っているのを前提で書かれているので、理解しづらいのは当たり前なんです。
仕事

【経験談】コミュ障におすすめのバイトは【スーパーの品出し】です。

コミュ障の人にもおすすめできる「スーパーの品出し」の仕事内容を説明します。青果コーナーで品出しのバイトを募集しているけど、どんな仕事なんだろう?そんなふうにお悩みの方はいらっしゃいませんか?そんなに心配するようなバイトではないです!
仕事

【実体験】職業訓練校の選考試験を通過したいなら、対策をしましょう

職業訓練校の選考試験を通過したいなら、対策をしましょう。本記事の内容選考試験の流れ、筆記試験の内容、実際に面接で聞かれた質問、受かるために必要な対策。この記事を書いた僕は、職業訓練校ポリテクセンター(求職者向け職業訓練)で、「ものづくりプログラム科」の選考試験を受けました。対策内容は、他の訓練コースでも共通していることなので、選考試験で有利になるための情報が欲しい方は必見です。
ブック

【書評】自分の人生を謳歌したいなら「バカとつき合うな」を読むべき

バカとつき合うなという本は、「バカ」をフォーカスにしている内容です。 時代は刻々と変わっているのに、人間のバカさだけは一向に変わることがない。バカを考えることは人間を考えること、著者である二人は徹底的に「バカ」とは違う行動をして、成功者になるためのロジックや考え方を身に付けている。 自由になるためには、バカとは距離を置け、バカになるな、 自分の時間を取り戻すために生きろ、そして行動して、考えろ。 「バカ」とは、誰が作ったのかもわからない常識を、何も考えずに妄信して行動する。 「バカ」とは、思考停止している人のことを定義していて、著者である堀江貴文と西野亮廣の二人は、自分がバカであったときの話や学校教育や社会、親によって常識という「洗脳」を刷り込まれたバカに向けて自由に生きるための手段を書かれている。 自己啓発本です。 この記事では、「バカとつき合うな」という本の中で、特に印象的だった内容とそれ以外にもよかったなと思う内容をメモ書きしています。
お金

【1年目】ウェルスナビの運用実績を公開!【+¥166,258】

結論から言うと+¥166,258の利益が出ています!(2020年1月11日現在)WelthNavi(ウェルスナビ)に2019年1月30日の頃は、「111万」。2020年1月3日までの間に追加投資で「104万」を投入し、合わせて「215万」を資産運用をしてほぼ一年を経過しました! 今日までの間に、米中貿易摩擦により赤字に転落することがあり、「トランプさん勘弁してくれー!」なんて思いながら見守っていました笑まぁみなさんが気になっているのは、 「何がどう増えているのか?」だと思います。なので、この記事では、WelthNavi(ウェルスナビ)を、[リスク許容度”1”で運用するとどうなるのか?]を書いていきます!
お金

【11ヶ月目】クラウドバンクの運用実績を公開【+¥36,380】

2019年2月16日から運用を開始しておおよそ、一年が経ちました!クラウドファンディングはもしお金を貸す会社の返済が滞ったり、その会社が倒産したりすると資金が帰ってこないリスクのある投資なので、続けようかどうしようか迷いました。ですが、順調にお金も返ってくるし分配金も入ってくるので、「まぁ大丈夫だろう・・・?」というちょっと不安を持った感情で運用しています ところでみなさん、100万の資金で運用してどれくらい増えるのか!!気になりますよね?