【お金を貯める方法】お金の流れを把握して、固定費を減らすことです

お金
スポンサーリンク

 

「節約しているはずなのに、なぜかお金が貯まらない」

 

「お金を貯めたいけど、どうすればいいのかわからない」

 

という方向けの記事です。

 

結論から言うと、お金を貯めるには流れを把握して、固定費を減らすことが近道です。

 

お金を貯めるには、支出を減らす必要があります。

 

そこで、「お金の流れを把握するための方法」と「支出の代表である固定費」にフォーカスし、支出を減らす方法を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

支出を減らすには

支出が減れば、お金が貯まります。

 

何にどれくらいお金を使っているのかを把握することが、お金を貯めることで一番重要なことです。お金の流れを把握するので定番なのが家計簿をつけることですが、買ったものを毎回毎回、記録するのはかなり骨が折れる作業です。

 

クレジットカードで現状を把握する

 

そこでおすすめするのが、クレジットカードでお買い物を済ませてしまうことです。

 

全ての支払いをクレジットカードにするメリットは、

 

  • ポイントが溜まる
  • 明細が家計簿代わりになる

 

この2つがすごく魅力的なのです。

 

クレジットカードを使って支払いをすると、ポイントが溜まります。
100円=1ポイントのカードだと、1000円分の買い物しただけで10円が貰えるようなものです。使わない手はありません。

 

それに、毎月の明細が家計簿代わりになるので、家計簿を付けるという手間がなくなるので便利です。そして、明細を見ることで現状を把握し、削れそうなところを削っていくのが支出を減らすための第一歩です。

 

具体的な削減対象

 

毎月決まって払わなければいけない、支出を見直しましょう。お金持ちな人こそ、毎月払うお金、”ランニングコスト”にはシビアに目を向けています。

 

固定費を減らす

毎月決まって払わなければいけない支出は、固定費になります。

 

代表的なものは、

 

  • 家賃
  • 携帯代
  • 保険代
  • 月額会員費

 

とありますが、この4つを見直すだけでかなり支出が減ります。

 

家賃

お金を貯めたい人が一番に意識を向けるべきところは、家賃です。

 

見栄を張って必要以上に良い物件に住んでることは、「浪費」になります。しかし、見栄を張っているわけでもなく、ちょっと高いなとわかっているのに、割高な物件に住み続け居ている人はかなり多いです。

 

なぜかというと、引越しにはまとまったお金が必要になるからです。新しい賃貸を契約したとしたら、敷金や礼金、引越し代金などがかかります。大体20万ぐらい、もっとかかる人だと30万ぐらいでしょうか。

 

それと、新しい賃貸を探すとしても、手間がかかります。

 

  1. 賃貸探し
  2. 引越しをするための業者選び
  3. 荷まとめ
  4. 引越し
  5. 荷解き
  6. 家具などを設置する

 

という手順で引越しをしますが、想像するだけでも面倒くさいです。

 

かなり面倒くさいですが、固定費で一番大きな支出は家賃です。住むことに納得できるレベルの安い部屋に住みましょう。

 

携帯代

youtubeなどの動画を毎日見ている人なら例外ですが、携帯代で2000円以上もかかっている人は払いすぎです。契約しているプランを変更するか、今話題のSIMフリースマホを検討してみましょう。

 

プランSというプランだと、月額1980円で利用できます。

 

月額1,980円(1年間・税別)のスマホ【UQモバイル】

 

保険代

保険の本質は将来起こるかもしれない、予期せぬ事態のための備えです。

 

「残された家族のためにお金が出るから」「入院したときに得するから」「みんなが加入してるから何となく」という理由で、生命保険に加入する方はたくさんいます。そのため、毎月保険料を払い安心料という名の「損」をしています。

 

ですが、わずかなお金を払い未知の危険に備えるのが保険の役割なのです。

 

そのため、安いプランで保障額の大きな保険に加入するのが、頭の良い保険の使い方です。
過剰なプランを選んでいるなら、プランを考え直したほうがいいです。

 

月額会員費

「amazonプライム」や「yahooプレミアム会員」など、初回無料だったからお試しで使ったけど解約してない人は、利用してないのに月額会員費を払っている可能性があります。

 

利用してない方は確認して、解約することをおすすめします。

 

無駄遣いを減らす

 

 

無駄遣いで多いのが、セールなどの「衝動買い」です。
セールというのは店側が儲かるからやっているもので、消費者が得することはないんです。

 

通常時に「3000円」で売っている服が、50%オフで「1500円」になっているのを見ると、すごくお得に感じます。あんまり欲しくなくてもお買い得だからと買ってしまい、タンスの肥しにしている方は多いのではないでしょうか。

 

これは、お買い得と思わせる店側の戦略であり、セールになっているのは、セール用に安く仕入れている商品なので、赤字になることはないのです。

 

店頭に並んである商品で「セールになっているもの」「セールになっていないもの」を比べると、「生地」や「デザイン」などに明確な差があることがわかると思います。

 

得をしたように感じたのに、実質損をしているのです。タンスの肥やしになっているようならなおさらです。

 

セール品は割引された額が”適正価格”

衝動買いを無くすには、セール品を買うことに用心することが大切です。なので、割引された価格が適正価格だと考えてください。

 

通常だと「5000円」のものが「2500円」で売っている。または、「1万円」で売っているものが「5000円」で売っている。元々の価格から割引される額が大きいほど、「安!!」と思ってしまいます。

 

ですが、それが罠なんです。

 

割引された額が、その商品の価格なんです。
割引されて1500円になった商品は、1500円の価値しかないのです。

 

飛びつく前に「本当に買う必要があるのか?」「似たような服は家になかったか?」などと、冷静に考えてから買わなければ、ずっと売り手側に踊らされながら、物を買っていくことになります。

 

スタンプカードは作らない

スタンプカードは、売り手側の巧妙な戦略です。

 

たとえば、たこ焼き屋でスタンプカードを発行していて、「スタンプが10個貯まれば、たこ焼き12個入りを無料で差し上げます」という、サービス精神の塊みたいな商売をしている店舗は多いですが、これは店に頻繁に来てもらうための戦略なのです。

 

「今日のランチ何にしようかな」「今日の晩御飯のおかずは何にしようかな」と考えることは良くあると思います。そして、無意識のうちに候補となるのは、スタンプカードを発行しているたこ焼き屋です。

 

なぜなら、得をするからです。「10個貯まれば”得”をするのだから」と考えてしまうのです。そして、足を運ばせているようなら戦略に嵌っています。得するように見せかけて、損をするようになっているのです。

 

外食は利益を出すために割高な価格設定にしているので、自炊したほうが圧倒的に安いからです。「スタンプカード」や「ポイントカード」は、生活のために利用する必要がある店のだけを使いましょう。

 

スポンサーリンク

番外編 実家に住む

 

 

毎月の家賃の出費はバカにならないぐらい高いです。がっつり貯金したいなら、実家に住むのが一番です。

 

僕が一人暮らしをしていたときに払っていた家賃は、3万9千円でした。年間になると、46万8千円も払うことになります。手取りが13万円だったので、おおよそ4ヶ月分の給料が、家賃を払うことでなくなってしまうのです。4年も一人暮らしをしていれば、安い軽自動車が新車で買えますよね。

 

では、実家に住むとなるどうなるのか。

 

生活費に何万円か実家に入れておけば、後は全部自分のお金になります。そうなると、毎月何十万も自由に使えます。自由になったお金を全て貯金に回せば年間で、100万以上は最低でも貯まるでしょう。

 

人によっては、実家から通えないところで働いている方もいるので、万人にはおすすめできません。ですが、パラサイトシングルが許される家庭なら、一人暮らしをやめて実家に住むのがおすすめです。

 

まとめ

お金の流れはクレジットカードの明細で把握して、固定費を見直しましょうという内容でしたが参考になりましたでしょうか?

 

基本的に、ケチってケチってケチりまくる節約方法は、ストレスになるのでおすすめはできません。ストレスが原因で、ドカ買いなどをする危険性があるからです。生活の水準を保てるところで、必要のない部分を削るのがお金を貯める方法です。

 

無理のない方法で、お金を貯めていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク